いいね!は目の前にあるよ

今日の「いいね!」は見つかりましたか?

視覚障害者の方のためにある点字ブロックのこと

f:id:imaterasu:20191020163219j:plain

家から一歩外へ踏み出せば、至るところに敷設してあるお馴染みの「点字ブロック」。

 

正式名称を「視覚障害者誘導用ブロック」といいます。 

 

f:id:imaterasu:20191020163245j:plain

普段、何気なく視界には入ってくるものの、「視覚障害者の方のために敷設してあるもの」との認識しかなく詳しくは知りません。

 

気にかけていることといえば、点字ブロック上に物を置かないとか、そこで立ち止まらない、といったように、常に点字ブロック上のスペースを空けておくことです。

 

それでは点字ブロックについて見てみましょう。

 

 

点字ブロックとは?

岡山県にある一般財団法人「安全交通試験研究センター」が、視覚障害者の歩行支援を目的として、昭和40年に世界に先がけて考案開発いたしました。視覚障害者の方が足裏の触感覚で認識できるよう、突起を表面につけたもので、視覚障害者の方を安全に誘導するために地面や床面に敷設されている黄色のプレートのことです。 

 

種類と特徴

誘導ブロックと警告ブロックの2種類あります。 

1.誘導ブロック(線状ブロック) 

進行方向を示すブロックです。線が並んだ形状をしているため、「線状ブロック」とも呼ばれています。  

視覚障害者の方がブロックの突起を足裏、あるいは白杖で確認しながら突起の方向にしたがって進むことができる形状となっています。

f:id:imaterasu:20191020163403j:plain

出典:http://nichimou.org/

 

2.警告ブロック(点状ブロック) 

危険箇所や誘導対象施設等の位置を示すブロックで「点状ブロック」とも呼ばれています。文字通り注意すべき位置を示すブロックです。 

階段前、横断歩道前、誘導ブロックが交差する分岐点、案内板の前、障害物の前、駅のホームの端等に設置されています。 

f:id:imaterasu:20191020163703j:plain

出典:http://nichimou.org/

 

最後に

点字ブロックは日本全国に普及しており、どこでも見かけます。

普及しているせいもあり、いろんな施設になじんでいるため、あまり意識することが少ないのではないでしょうか?

 

視覚障害者の方のために敷設してあるものとの意識を持って、通行の障害とならぬよう、点字ブロック上に物を置いたり立ち尽くしたりせず、無事に目的地まで行っていただけるようにしたいですね。

 

先日、知り合いの方が、駅構内にある点字ブロックが浮いているところで躓き、転倒した拍子に膝を骨折するといったことがありました。

 

点字ブロックの老朽や、変形を発見した際は、多くは見て見ぬふりをするかもしれませんが、誰かを助けることに繋がりますので、気づいたときは関係各所へ連絡をして、対処してもらうようにしましょう。 

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

少しでも何かの気づきになれば幸いです。

 

ではまたお会いしましょう。