いいね!は目の前にあるよ

今日の「いいね!」は見つかりましたか?

【宣誓!】スポーツマンシップに則るとは? ~人生に生かされているスポーツマンシップ~

f:id:imaterasu:20200418205851j:plain

これって何を誓ってるのか、、、。

 

 

 

今さらだけど

f:id:imaterasu:20200418212752j:plain

今までありとあらゆるスポーツを観てきましたし経験してきました。

 

スポーツといえば、巷でよく聞く「スポーツマンシップ」って言葉を耳にします。

 

スポーツマンシップという言葉を発する場として特に印象的なのが、甲子園で行われる全国高校野球選手権大会です。

 

最近の選手宣誓は、その時代の背景や、元気を与えたい人たちへのメッセージ、周囲の方々への感謝の気持ちなど、聞いていて涙腺が崩壊しそうな内容が主流となってきているせいか「スポーツマンシップ」という言葉が使われなくなってきていますね。

 

選手宣誓の基本形といえばこれでしょう。

「宣誓! 我々選手一同は スポーツマンシップに則り 正々堂々プレーすることを誓います!」

 

選手宣誓といえばこのフレーズが頭に浮かぶのではないでしょうか。

 

話は変わりますが、小さいころは、「宣誓」のことを「先生」とずーっと思っていて、どうして先生でもない人に向かって「先生!」ってしかも元気いっぱいにいうのかな?先生ってそこらじゅうにいるんだなぁ~って思ってました(笑)。

 

話は即戻ります。

 

私自身、スポーツマンシップの意味は、相手選手のことを尊重するとか、ルールやマナーをちゃんと守るといった内容で理解しており、なんとなく分かっているようで実は分かっていませんでした。

 

お恥ずかしい話ではありますが、今さらながらスポーツマンシップの意味について考えてみたいと思います。

 

スポーツマンシップとは

スポーツマンシップとは、スポーツをすること自体を楽しみとし、公正なプレーを尊重し、相手の選手に対する尊敬や賞賛、同じスポーツを競技する仲間としての意識をもって行われる活動であるという姿勢となって表される。また様式化された礼節の発揮も、マナーという面から重視される傾向があり、選手同士が試合の前や後に挨拶を交わすのも、このスポーツマンシップの延長で見られる風習である。

出典:スポーツマンシップ - Wikipedia

これはスポーツだけに限らず、生きていく上でとっても大切なことだと思います。

 

スポーツを通じて、礼節やマナー、そして相手を尊重する気持ちや、仲間意識の醸成が自然と養われていくのはこれが原因だったのですね。

 

思いつく限りで列挙してみると

  • 挨拶(人・利用する場所に対して)
  • 感謝の気持ち(周囲の人のおかげでプレーできる)
  • 道具を大切に
  • 整理整頓
  • ルール・マナーを守る
  • 対戦相手・共に戦う仲間を尊重する
  • ゲームが終わればお互いの健闘を称えあう
  • ゲームが終わればみんな同じスポーツを愛する仲間

といったことが挙げられます。

 

特に、体育会系の方々が挨拶やマナーに口うるさく厳しいのも頷ける気がします。

 

私も体育会系で、相当厳しく鍛えられたので完全に体に染みついている状態です。

 

振り返ってみてどうよ

では、実際に自分が「スポーツマンシップに則る」ことができていたのか振り返ってみましょう。

 

具体的なスポーツは伏せておきますが、やはり小学校のころはあらゆる面で未熟そのものでよく怒られていたのを思い出します。

 

総体的に振り返ってみると、私自身真面目な性格(これホント)なので、相手を威嚇してケンカを吹っ掛けたり、勝つためにルールを破ってセコイことをしたりといったことがなく、おおむねスポーツマンシップに則ってやってこれたと自負しています。

 

真摯にスポーツと向き合ってきたといっても過言ではありません。

(過言かもしれません(笑)) 

 

世界から見る日本人のスポーツマンシップ

私個人の見解ですが、世界的にみてみると日本人選手は間違いなく「スポーツマンシップに則って戦っている国ランキング」にノミネートされ、そしても上位入賞してもおかしくはないと思います。(勝手にランキングしてるよ、、、)

 

これは日本人の根底にある「武士道精神」が大きく関係していることは間違いのない事実でしょう。

 

観客も一体となって選手と同じように戦っているようにも感じますし、サッカーでの試合終了後の「ゴミ拾い」なんかはまさにスポーツマンシップそのもののような気がします。

 

こういった状況を垣間見るたびに改めて、日本に産まれてよかったとしみじみ思うのです。

 

最後に

今さらながら、スポーツをしていなかったら今頃はどんな人生を歩んでいたのか大変興味があります。

 

それはそれで楽しい人生を送っているんでしょうけれど。

 

スポーツを通じて心も体も鍛えられるということは、これはもうやらない手はないですよ。

 

小さいお子さんをお持ちの方は是非、何かスポーツをやらせてあげるといいのではないでしょうか。

 

振り返ってみるとしんどくて辛い日々が多かったですが、なんだかんだいってスポーツをやっててよかったと今は思います。

f:id:imaterasu:20200418224121j:plain