いいね!は目の前にあるよ

今日の「いいね!」は見つかりましたか?

滋賀県名物「サラダパン」をあなたは知っていますか? ~疑うことから全ては始まる~

滋賀県名物「サラダパン」のご紹介。

 

 

パンにたくあん漬を挟んだ「サラダパン」

サラダパンってどういう事?

 

パンの中にレタスやキャベツなどの野菜を挟んでいるの? 

 

サラダにパンをちりばめて食べるの?

 

、、、どうやら違うようです。

 

パンにたくあん漬を挟んだ、なんともビックリな食べ物、その名も「サラダパン」。

 

もう一度いいますが、パンに「たくあん漬」を挟んでいます。

 

そう、あのごはんのお供であるたくあん漬です。

 

詳しくは、刻んだたくあん漬をマヨネーズで和えてそれをパンに挟んでいます。

 

以前TVで紹介されていたのを見てその存在は知っていました。

 

TVだから多少はオーバーに表現するところがあるため、ゲストが一様に目を大きく見開いて「おいしい~!」って言って食べていたのを見て違和感があったのを覚えています。

 

しかもお店の前には長蛇の列です。

 

ほんまかいなぁ~、見た目とのギャップに美味しく感じるんとちゃうの?

 

しかもたくあん漬やで~パンに合うはずないやん!って思ってました。

 

ただ、サラダパンは滋賀県にしか売っていないとのことだったので、まず食べることはないだろうと思っていました。

 

食べたいですか?と聞かれたら私はこう答えるでしょう。

 

「別に、、、」

 

サラダパンを製造・販売している「つるやパン」とは

滋賀県に本店、そして取り扱い店舗が70程ありますが、そのエリアは滋賀県のみという地元愛溢れるつるやパンさん。

 

唯一京都府に1店舗あり、渋谷のヒカリエでは定期的に「つるやパン祭」を開催して販売をされています。

 

全国展開していないので滋賀県へ行かないと購入ができません。

 

しかしネット販売もされていらっしゃるので、いつでも購入することができるようです。

 

ホームページを見てみるとレトロな感じがとても印象的で、トップ画面には「あなたの思い出のパンでありたい。」とお客さまの為にパンを作っているという姿勢がひしひしと伝わってきます。

 

なつかしくて温かい気持ちにさせてくれる、そんなパン屋さんではないでしょうか。

tsuruyapan.jp

店名:つるやパン

創業:1951年

住所:滋賀県長浜市木之本町木之本1105

電話:0749-82-3162

アクセス:木ノ本駅より徒歩7分

定休日:無休(臨時休業あり)

営業時間:月〜土8:00〜19:00、日・祝9:00〜17:00

地図 

 

「サラダパン」をゲットだぜ!

兵庫県民の私ですが、ひょんなことからこのサラダパンをおみやげでゲットすることができました。

 

そう、私は自称「ツイてる男」です。

 

サラダパンの存在を忘れていましたが、この特徴あるパッケージはしっかりと覚えていました。

 

そしてもう一つ思い出しました、そういえば、たくあん漬が入っていたよな、、、。

 

そんなに興味はないものの、TVでのオーバーな表現が気になってはいました。

 

そしてお店の前の長蛇の列の画像が蘇ります。

 

ではもう一度パッケージを見てみましょう。

パッケージのレトロなデザインに心くすぐられます。

 

なんなんでしょうか、この謙虚な感じのパッケージは。

 

素敵すぎます。

 

本当にたくあん漬を使っているの? 

原材料をご確認ください。たしかにたくあん漬と書いてあります。

それ以外は特に変わったところは無いようです。(かなり不審がっている人)

それでは開封してみましょう。

 

サラダパン開封の儀 

なんとも懐かしい小学校の頃の思い出が蘇りそうなシンプルなまでのフォルム。

余計なものが一切なく洗練されています。

なんだかホッとするのは私だけでしょうか。

さっそく中を覗いてみましょう。

 

パンの中身はこうだ! 

確かに、たくあん漬とマヨネーズを和えたものがたっぷりと挟み込まれています。

思った以上にたくあん漬が入っていたのでびっくりしました。

見た目は実にシンプルです。

それでは実食といきましょう。果たしてそのお味は?

 

実食!

え、何?何?めっちゃうまいや~ん。

マヨネーズは間違いなくパンに合いますが、たくあん漬がどういう味で攻め込んでくるのか興味津々でした。

なんなの?このマヨネーズとたくあん漬の相性抜群のコンビは。

感動すら覚えるレベルのおいしさに驚きを隠せません。 

このサラダパンの凄いところは「たくあん漬」のちょうどいい塩加減がマヨネーズとベストマッチしていて、尚且つあのコリコリとした食感がたまらなくいいのです。

それをシンプルかつ、なんだかなつかしい思い出に浸ることのできるパンに挟み込むことで「サラダパン」が完成するというわけです。

 

お店の前に長蛇の列ができる理由が良く分かりました。

 

サラダパンはまさに「滋賀県発の思い出玉手箱や~」ですね。(言っときながら脇汗注意)

 

想像以上のおいしさに心奪われました。

 

穿った見方をしてしまい申し訳ございませんでした!

 

最後に

直接お伺いできればいいのですが、いかんせん滋賀県へ行くにはちょっと遠すぎますので、ネット販売にてサラダパンをゲットしたいと思います。

 

他のパンもなかなか興味をそそる存在なので、ネット販売で購入可能なパンは一通り食べてみようと思います。

 

みなさんも一度「サラダパン」ご賞味あれ! 

tsuruyapan.jp

f:id:imaterasu:20191123232720j:plain

いかがでしたか?

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

少しでも何かのお役に立っていれば幸いです。

 

ではまたお会いしましょう。

 

最後にポチッとしていただいている、そのひと手間に感謝です!

(*´▽`*) 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村