いいね!は目の前にあるよ

今日の「いいね!」は見つかりましたか?

居眠りしていて「ビクッ!」ってするやつな~に?

f:id:imaterasu:20190820220954j:plain

お布団で寝てるときはほとんどなったことがないのに、机や電車内で居眠りしているときになるあの「ビクッ!」ってなるやつ。

 私の経験からすると、疲れているときによく居眠りをしてしまうのですがその際に「ビクッ!」ってなってしまうことがよくあります。

 

よりによって電車の中でやってしまいます

(/ω\)

一瞬「やってしまった!」「恥ずかしい!」と思いつつそのまま寝たふりをして何事もなかったようにごまかしています。

 

恐らくですが、自分が思っている「ビクッ!レベル」がMAX10だとしたら、それを傍から見ている人にとってはせいぜい「ビクッ!レベル3」程度に映っているのものだと勝手に思っています。

 

 要するに自分が思っている以上にビクッ!とはなっていないということです。

(それを早く言いなさい。。。)

 

ですので、そんなに心配することではないかと思っています。

 

いつでもかかってきなさい「ビクッ!」よ。

 

ところで、なぜ居眠りの時に「ビクッ!」ってなるのでしょうか?

 

体に何か変化が起こっているのでしょうか?

f:id:imaterasu:20190820215357j:plain

 

 

ビクッ!の正式名称はこれ

 

まずは「ビクッ!」の正式名称があります。

 

ビクッ!じゃないみたいです。(笑)

 

さっきから何回ビクッ!っていうてますの。

 

その名も「ジャーキング」と呼ばれています。

炊飯器の王様ではありません。

あっ、反応悪いのが手に取るようわかる、、、。

言うんじゃなかった。

(・ω・`)

ジャーキングは、入眠状態へ移行するときに発生する不随意の筋肉の痙攣(ミオクローヌス)。スリープ・スターツ(Sleep Starts)とも呼ばれる。よく感電や落下する感覚と表現され、体がびくっと動く。

ジャーキングの極端な場合は周期性四肢運動障害に分類される。この障害を抱える人は寝ている間ずっとジャーキングしている。ジャーキングの原因は不明であるが、ある仮説では、入眠時の筋肉の弛緩を、眠っている状態で高所から落下したと、脳、脊髄が間違って神経伝達するのだとされている。長時間起きているときや、眠いのを我慢しているときや、疲れている時にジャーキングは起こりやすい。

出典:ジャーキング - Wikipedia

おもしろいのが、ここで書いてある「高所から落下したと、脳、脊髄が間違って神経伝達する」という内容で、居眠り中にこの落下するという感覚を経験をされた方は多いのではないでしょうか?

 

私もその一人です。

 

しょっちゅう落下したと勘違いしています。

( *´艸`)。

 

いやはや不思議な現象ですね。

f:id:imaterasu:20190820215944j:plain

 

原因は?

ジャーキングの原因は主に3つあるようです

無理な姿勢での居眠り

椅子に座ったままや机にうつ伏せで寝たりと、本来の横になって寝る状態ではないため、体に無理な負担がかかり筋肉の弛緩が通常とは異なることから、神経伝達に異常をきたして発生していると考えられます。

 

疲れやストレス

睡眠不足や疲れ、ストレス等から疲れが溜まっているときに起こりやすくなっています。ビクッってなったときは、疲れていると素直に認めて、無理をせずに十分に休養・睡眠をとって体力を回復させることが大切だと思います。

 

栄養不足

栄養不足であるということは、生活のリズム、食生活が乱れていることが主な原因です。つまるところ疲れやストレスに直結しますので、食生活の見直しや規則正しい生活に心掛ける必要があります。

 

最後に

人前で「ジャーキング」にならないように、日頃から規則正しい生活に心掛けるようにしてくださいね。 

 

 当然私も心掛けます。(^_-)-☆

 

またジャーキングが起こるということは、体が疲れているサインと考えられますので、しっかりと栄養のありものを食べて、休んで体力の回復に努めましょう!

f:id:imaterasu:20190820220640j:plain

いかがでしたか?

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

少しでもお役に立っていれば幸いです。

 

ではまたお会いしましょう!

 

最後にポチッとしていただけると励みになります。

(*'▽')。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村