いいね!は目の前にあるよ

今日の「いいね!」は見つかりましたか?

【名刺交換時のマナー】いまさら人に聞けない ~ビジネスマンの基本~

f:id:imaterasu:20190921211746j:plain

 ビジネスマンの基本である「名刺交換」ですが、スムーズに交換できているでしょうか。

 

最初に出会ってまずすることといえば、必ずと言っていいほど「名刺交換」が行われますよね。

 

これがスムーズに行くか行かないかで、相手に与える印象やその後のビジネスに大きく影響してきます。

 

知っているようで意外と知らない名刺交換。

 

今一度名刺交換時のマナーを確認して、ビジネスマンとしての基本をマスターしましょう。

 

 

名刺とは

あなたがその会社の人間であることを証明してくれるものです。

名刺には、会社名や個人の名前、連絡先などの情報が記載されているので非常に重要なものとなります。

また、受け取った名刺を紛失したり粗末に扱ったりすることは、相手に対して失礼に当たるため取り扱いに十分注意しなければなりません。

 

名刺の保管

綺麗な状態で相手に渡せるように名刺入れを使用し丁寧に入れておきましょう。

名刺を切らすことのないように普段から常に中身をチェックして急用でも対応できるようにしておきましょう。

 

基本的な名刺交換の流れ

  1. 名刺入れから名刺を出し名刺を両手で持つ(名刺入れは名刺の下に)
  2. 名刺を両手で差し出し「株式会社〇〇技術開発部 鈴木一郎と申します」と会社名・肩書・フルネームを伝える
  3. 相手も名刺を出している場合は相手よりも低い位置で右手で名刺を差し出す
  4. 相手も名刺を出している場合は左手で相手の名刺を受け取り両手で持つ(名刺入れは名刺の下に)
  5. 「頂戴いたします。よろしくお願いいたします」と述べる

 

複数の交換時のポイント

複数の場合は「偉い人順」に行います。

例として相手側「部長」「担当者A」、こちら側「係長」「担当者B」の二人で訪問した場合。

  1. 「部長」⇔「係長」
  2. 「部長」⇔「担当者B」
  3. 「担当者A」⇔「係長」
  4. 「担当者A」⇔「担当者B」

の順番で名刺交換を行います。

 

受け取った後どうする

名刺入れに収納せずに、着席後に机の自分から見て左側に名刺を置きます。

複数枚の場合は並んでいる順番に名刺を並べます。

机の上が資料等でいっぱいになる場合は、軽く一礼してから名刺入れに収納するようにしましょう。

話し合いが終わった後の席を立つタイミングでその名刺を名刺入れに収納します。

どのような状況でも丁寧に取り扱いましょう。 

 

名刺を切らした場合の対応方法

必ずと言っていいほど経験する名刺を切らした場合の対応ですが「ちょうど名刺を切らしておりまして、誠に申し訳ありません」と相手に伝えます。

その後相手の名刺を両手で受け取り「頂戴いたします。私は株式会社〇〇技術開発部の鈴木一郎と申します。よろしくお願いいたします」と述べてください。

慌てず焦らず丁寧な対応に心掛けましょう。

 

最後に

名刺交換時のマナーはバッチリでしょうか。

知識としてわかっていても実際の現場をいくつも経験しないことには身に付かないので、ガンガン体当たりしてたくさん失敗して身に着けていってくださいね。

名刺交換はビジネスの入り口でありとても奥が深く重要なものです。

みなさんのビジネスライフが素晴らしいものとなりますように。

f:id:imaterasu:20190921230219j:plain

いかがでしたか?

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

少しでも何かのお役に立っていれば幸いです。

 

ではまたお会いしましょう。

 

最後にポチッとしていただけると、今後の励みになります。

(*´▽`*) 

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村