いいね!は目の前にあるよ

今日の「いいね!」は見つかりましたか?

アボカドの栽培始めました ~観葉植物として心を癒してくれる日は来るのでしょうか ~

アボカドって厳ついフォルムですね。

 

不気味な雰囲気でなんだか怖い。

 

 

アボカドの栽培始めました

YouTubeを見ていたら、アボカドを栽培している人が結構いることに気が付き、緑の物を何か育てたいなと思っていた矢先のことだったので、即やってみようと思いました。

 

最終目標は、観葉植物まで成長して、私と家族の心を癒し続けてくれるアイテムになってもらうことです。

 

話のネタとしても面白いですよね。

 

家でアボカドを栽培してますねん」って。

 

なんだそれ~!ってなると思います。

 

現在、栽培中の物といえば、imaterasuファンならお馴染み!?の「ねぎ栽培」ですよね。

 

今のところ地味~に成長してくれていますので、地味~に随時ご報告していきたいと思います。 

www.imaterasu.green

 

アボカドをそのまま食べてみて

アボカドって直接食べたことがなく、居酒屋のサラダに入っていたり、デザートの中に練りこまれたりと間接的に食べたことがあるだけで、てっきりヌメッとしたメロンのような甘~い果物なんだと思っていました。

 

これを機に初めてスーパーでアボカドを買い、包丁で切ったアボカドをスプーンでそのまま食べましたが、何???って感じで、甘くないし、味があるのかないのかよくわからないし、ただヌメッてしているだけのものといった感じで、何が美味しいの?って印象でした。

 

記事を書いている今思い出しても、味が思い出せません。

 

息子に半分残しておいてあげましたが、味を説明しようにも言葉が出てきませんでした。

 

アボカド=ヌメッとした謎の食べ物。

 

ちなみに、みなさんの味の感想ははいかがでしょうか?

 

アボカドって何?

栄養価がとても高くて脂肪分を多く含んでいる食べ物です。

 

その為「森のバター」や「バターフルーツ」と呼ばれています。

 

食べてみると分かりますが、その「ねっとり感」や「ヌメッと感」はなかなかのものです。

 

脂肪分が多いのですが、80%以上が不飽和脂肪酸なのでコレステロールの心配がありません。

 

サラダやタコス、サンドイッチ、ハンバーガーの具材として用いられ、日本では、刺身と同じ要領で、醤油とワサビに付けて食べたり、巻き寿司の具材として使用しています。

 

また、アボカドオイルの材料になり、食用や石けんの材料として使用されています。

 

ブラジルではアボカドを使った石けんが多いようです。

 

栄養価については、ビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含んでいるので、美肌やアンチエイジングといった女性にとって嬉しい効果が期待できます。

 

アボカドの種はどこで手に入れる?

市販のアボカドの種を使用します。

 

メキシコ産のアボカドで約200円くらいでした。

 

わざわざメキシコまで行かなくても近所のスーパーで買うことができて良かった!?。

 

メキシコ産は、果皮が薄くて、種が大きく可食部が少ないのが特徴です。

 

耐寒性があるので、栽培するのには適しているのかもしれません。 

(株)ファーマインドさんの「食べごろアボカド」をゲットしました。

 

読んで字のごとく、食べごろの状態で売られているので、買ってすぐに食べることができます。 

 

種を取り出してみよう

アボカドの縦の方向に包丁を一周いれて、両側をひねるようにすると簡単に半分に割ることができます。

 

右側の中央にある茶色いどんぐりみたいなのがアボカドの種です。 

 

この状態で、スプーンを使って種をくりぬくように取り出すこともできますが、さらに半分に包丁を縦に入れることで手で簡単に取り外すことができますよ。

 

とってもヌメヌメしているので、種を取り出す時にツルンってどこかへ飛んで行かないように十分注意して取り出しましょう。

 

大きなどんぐりを見ているようです。

 

右側のおケツから根がでてくる予定です。

 

しっかりと洗ってヌメりを取り除きましょう。

 

準備はこれだけ

・爪楊枝3本

・ガラスコップ1個

・水

なんで爪楊枝?って思われるでしょうが、この後すぐに分かりますのでお楽しみに。

 

種を加工します

1.おケツの皮を剥く

根が出やすいようにおケツの部分だけあらかじめ皮を剥いておきます。

表現が分からなかったので「おケツ」でご勘弁ください(笑)。

 

2.爪楊枝を種に刺す

種の中心ぐらいの位置に約120度間隔で爪楊枝を刺します。

 

ポイントは、種に対して斜め下向きに刺すことです。

 

これはコップに水をなみなみと入れなくても済むようにするためです。

 

後に出てくるコップに入れた状態の写真を見ると理解できると思います。 

 

爪楊枝を刺すのは痛々しいですが、これが一番手っ取り早い方法です。

 

上から見るとこんな感じです。 

 

3.水の入ったコップに浸ける 

どうでしょうか。

 

これで全貌が分かりましたね。

 

おケツの部分だけ水に浸かるようにするのがポイントです。

 

何かわかりませんが、おケツが変色してしまっています。

 

大丈夫かな?

 

爪楊枝の刺す角度はこんな感じです。 

 

この状態で毎日水を替えて根が生えるのを待ちます。

 

約1か月で種が割れて根がでてくるそうです。

 

楽しみー!。 

美容と健康のお供として 

  

 

 

 

 

 

最後に

この記事は3月5日に投稿していますが、アボカドの栽培を開始したのは3月1日からです。

 

まずは根が出ない事には何も始まらないので、毎日のお水の取り替えをしっかりと行って、丁寧に取り扱っていきたいと思います。

 

また不定期ではありますが、その都度、成長の様子を発信していきますので「ねぎ」もいいですが「アボカド」もご贔屓のほどよろしくお願い申し上げます。

 

緑を育てるって楽しいですね。

f:id:imaterasu:20190723093847j:plain

あなたimaterasu行に決定だわ。

いかがでしたか?

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

少しでも何かのお役に立っていれば幸いです。

 

ではまたお会いしましょう。

 

最後にポチッとしていただいているあなたに、たくさんの「いいね!」が届きますように!

(*´▽`*)  

ブログランキング・にほんブログ村へ